BLOG

松戸市の整体院より、五十肩・肩こり対策の話

2018/11/02

おはようございます。「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

 

今朝この院に来る途中、ここ松戸市内でウォーキングをしている人を見かけ、その時ふっと、皆様にもお伝えしておいたほうがいいような、肩こり改善・五十肩防止の話があったのを思い出しました。
それは、歩く時の身体の動きに関する話です。

皆様は、歩く時に腕を振るほうでしょうか。
あまり振らない方、変な振り方をしている人も、しばしば見かけます。

実はこれ、肩こりにも悪い影響を与え、最悪の場合五十肩を引き起こすように、なってしまう原因なのです。

腕を振らないで歩いていると、首や背中の筋力低下を招いてしまい、次第に姿勢が前傾姿勢になっていきます。
猫背だと脊柱・肩甲骨のズレを招き、周辺の筋肉が緊張し、徐々にコリとして辛くなっていきます。
また、腕を振らないと云うことは肩の関節・筋肉も動かさないと云うことなので、まるで金属が錆びていくように、その周辺の可動は悪くなり、五十肩にまで発展することになるのです。

そのために、人は歩く時に腕を水平に振ってゆく必要があります。
腕を振ることは首や肩・背中には適度な負荷がかかることであり、また姿勢もまっすぐにさせる効果があります。
そのために私は、肩こり五十肩で来られた患者様には、整体施術終了後に、普段から腕を振って歩くようにと、おすすめするようにしているのです。

とはいえ、振り方が間違っていたら意味がないばかりか猫背を加速させるなど逆効果となってしまう原因となります。
まっすぐ、歩く方向と水平に、自然な範囲、奇異に映らない範囲で良いので、大きめに振って歩くことを意識しましょう。
最初は意識してないと触れなくても、週刊として続けていれば体で覚えて、今度は意識しないと腕を振らずに歩くことが出来ないようまで、癖として身につくようになります。

五十肩はなったら生活に支障が出ますので、ぜひ松戸市あたりにお住まいの皆様、腕を水平に振る歩き方に切り替えていきましょう。

以上、六実駅近くの整体師がお伝えしました。