BLOG

鎌ヶ谷市隣の整体院より、腰痛の原因となる寒さ対策

2018/11/29

おはようございます。鎌ヶ谷市のすぐ隣の、腰痛に強い整体院「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

そろそろ冬です、寒さからくる腰痛には、十分気をつけましょう。

冬場には腰痛やぎっくり腰になられる方が増えますが、この冬季に起こる腰の不調は、適切な寒さ対策をすることで、なる確率を下げることができるのです。

冬の寒さが原因での腰痛・ぎっくり腰は、屋外など暖房のきいていない状況下で、起こるケースがほとんどです。
背中から腰に掛けてが冷えていて、筋肉や関節が硬直・緊張して動きが悪くなることで腰が、負担がかかりやすくなっていて痛みを引き起こしたり、負担が蓄積している状況で物を拾ったり持とうとした瞬間にイカれてしまったりする。
これが、冬の腰痛悪化、ぎっくり腰発症の主な流れです。

この寒さからくる腰痛・ぎっくり腰の発症を防ぐ為には、まず、その腰の危険信号を理解する必要があります。
腰を曲げた時、前屈みになった時に、ギシギシとした感覚が、腰や背中から伝わってくれば、それは寒さによって腰に負担が蓄積されているサインとなります。
この状況でなおも寒い中での作業を続けていると、日常生活に支障が出るほど腰を痛めてしまうことに繋がってしまうのです。

そういった腰のギシギシ感が出てきたときは、まず体を、得に腰や背中を温める必要があります。
暖かい部屋に入り、暖かい飲み物を飲み、そして腰回りの重ね着をする。そうすることで腰への負担は比較的早く和らいでいきます。

他にも冬場の腰痛・ぎっくり腰発生を防ぐ対策はいくつかあり、その中には今日述べたこと以上に、重要になってくるモノもあるのですが、それはまた明日。

以上、鎌ヶ谷市すぐ隣の整体院、腰痛改善に定評がある「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部がお伝えしました。