BLOG

白井市の隣の整体院より、腰痛と首の冷えの関係

2018/11/30

おはようございます。白井市からなら国道464号を行けばすぐに着く整体院、「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。
昨日、冷えと腰痛の因果関係について話しましたので、今回もその続きです。

冬場の腰痛を防ぐためには、腰を冷やさないことが大事だと述べましたが、腰の冷えを防ぐ為には、もう一か所、冷え対策を怠ってはならない箇所が、身体には存在しています。
それは「首」です。

首が冷えていると、腰にもダメージがかかってくるようになるのです。
首から腰にかけては、椎骨が多数積まれるような形で重なり、「脊柱」を構成しています。そしこの脊柱は、骨盤・仙骨ともつながっており、また椎骨の中は脊髄神経が通っています。
身体の一つの部位としてつながっている上に、重要な神経が通っているのですから、首へのダメージはそのまま腰のダメージにまでなりかねないのです。

そこで、マフラーなどが、冬季には必須となってくるのです。
屋外で急に腰がおかしくなられる方で、首の冷え対策が充分でない人というのは、実に多く存在します。
ですがマフラーやネックウォーマーなどをして外にいると、それだけで前屈みになった時に腰がギシギシとする感覚が、起こりにくくなったり軽くなったりするのです。

冷え性でない方は、つい首を暖かくするのを怠ってしまいがちです。
ですが冬場の腰痛・ぎっくり腰の発症リスクは、どんな人でも(ある程度)平等に存在しています。
マフラーが苦手という方は、ネックウォーマーかあるいは、フード付きのパーカーやコートなどを着用して、外出されることをオススメします。

もう少しばかし寒さと腰痛の話はしようかと思いますが、そのへんはまた明日。
以上、白井市からのアクセスも便利な整体院「東葛カイロプラクティック整体院」より、コラムでした。