BLOG

柏市の隣、産後の骨盤矯正の整体院より、昔の心のケアとは

2019/03/13

柏市のすぐ隣の整体院、骨盤矯正で産後の腰や股関節の不調のみならず、足の変形や腱鞘炎まで改善に導く「東葛カイロプラクティック整体院」です。

もう少しばかり、災害と人の心とに関する話をすることにします。

カウンセラーや精神科医などが被災した方の心のケアを行なうようになるずっと前から、人類は長い歴史の中で、数限りない天災との付き合いを余儀なくされていました。
それは、災害国である日本のみの話ではありません。

その時代に災害で傷ついた人々の心の拠り所となっていたのは、「信仰」でした。
仏教であれ神道であれ、キリスト教であれ、昔の人は神仏の存在を身近に感じながら生きていたのです。

そして災害が起こったとき、多くが破壊されてどうなるのかという行く末や、失った命の行く先は、神様にゆだねていました。

昔の人が災害時の立ち直りが早く、心の不調や子供の異常行動に悩まされることが少なかったのは、どんな人でもしっかりと信仰を持っていたから、そこに安らぎを求めていたからです。
最終的な行く末が神のもとだと確信していたから、この世での不測の事態に耐えられる心が備わってゆくようにもなっていたのです。

これからも災害や事件・事故といった悲劇は起こるでしょうし、生きている限り我々は何らかの被害者になる経験をしていきます。

神仏を信じ、神仏への造詣を深め、神仏を身近に感じながら生きてゆくことで、不測の事態への心の備えとしていきましょう。

以上、
柏市の隣にある整体院、産後の骨盤矯正で、うつや育児ノイローゼからの回復も可能な「東葛カイロプラクティック整体院」より、コラムでした。