BLOG

松戸市の肩こり整体院より、過呼吸の対処法=ビニール袋?

2021/03/29

松戸の、松戸市の肩こり整体院、肩こりなど体の動きにくさを改善に導いて、運の巡りまでも良くしてゆく、松戸整体院「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

昨日までのコラムの中に、過呼吸が起こったら、息を吐くほうに意識を向ければ良いという話がありましたが、今回はそれにも関連したお話です。

今でこそ過呼吸の発作を抑えるには、息を吐かせるような対処法が当たり前になりましたが、
少し前まではビニール袋や紙袋を鼻まで覆うように口に当てて、その中に吐いた息を再度吸い込み続ける、という方法が主流でした。

やっていると二酸化炭素ばかり吸い込むようになって窒息の危険性があるということで、このやり方は敬遠されるようになったのですが、
そういう事態がしばし起こったのは、実は袋に穴を開けずに(開けても穴が小さすぎで)やっていたからそこまでになってしまったケースがほとんどで、
実のところこの「ペーパーバッグ法」はそういう致命的なことさえしなければ、別に改善手段として何ら間違ってなどいませんでした。

そこには実はこの袋を用いる手法には、心理的な作用もあったからなのですが、
そのへんに関しては、また明日ということで。

以上、駐車場つきにて車での来院も便利な肩こり整体院、松戸で、
松戸市で肩こりに悩む方の為の整体院、骨盤や背骨を矯正することで、肩こりのみならず首のコリや、精神の不安定さも改善させてゆく、松戸整体院「東葛カイロプラクティック整体院」でした。