BLOG

六実駅駅前肩こり整体院より、こじれた清原さんのPTSD

2021/05/12

六実の、六実駅前の肩こり整体院、肩こりにおすすめ、首こりや背中のコリなども、骨盤や背骨を矯正する事で根本改善してゆく、六実整体院「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

これまで約二週間にわたり、清原和博氏のPTSD(ドラフト事件の時のもの)について述べてきました。

清原さんがPTSDへの理解がない時代に、人間社会でのすれ違いでPTSDを起こしてしまった事は、とても不幸なことでしたが、
さらに清原氏にとって不運だったのは、プロ野球のスター選手という極めて特別な立場にいたという点です。

社会的地位のとても高い人にもなると、当然ながらイエスマンのような人も沢山ゴマをすりつつ寄って来ます。
そういった人達には清原さんのPTSDのフラッシュバックを抑えることなど当然出来るはずもなく、
また清原さんがしきりにドラフトでの不満を延々と述べる姿を、みっともないと指摘することもしません。

ゆえに清原さんのPTSDは、歳月を経るにしたがってどんどん異常な事態を招くようにまで、なっていったのです。

長年メディアや取り巻き達におべっかを使われ、ドラフトでの事件を引きずる言動も許容され、
いつまでも愚痴をこぼし続けているうちに、そういう姿を批判するような人達の意見は耳に入らなくなっていき、
清原さんのメンタルを変えられるような度量を持った方達は、次第に清原さんからは離れ、清原さんもそういう人を避けるようになり、
結局愚痴をずっと聞いてくれるイエスマンばかりに囲まれた結果、
KKドラフト事件での被害者意識は、どんどんと本人の中で肥大していくことにまで、なっていったのです。

これは清原さんにのみ当てはまるような話ではありません。
たとえトラウマ体験をバネにして成功できたような人でも、
心のケアの方が十分にできておらず、取り巻き達によってPTSDによる異常な言動も見過ごされていると、
どんどん精神的に虚無感が広がっていったり、粗暴になっていったり、自傷など自分を追い詰めていったり、
あるいは異常な思想を正当化して世の中に広めてしまうようになったりと、大きな害を世の中にも引き起こしかねないのです。

以上、駐車場ありの肩こり整体院、六実で、
六実駅前で肩こりに悩む方の為の整体院、肩こりなど筋肉の緊張を解くことで、運気をも好転させる幸運体質へと導いてゆく、六実整体院「東葛カイロプラクティック整体院」でした。