BLOG

鎌ケ谷市の隣の整体院より、メンタルや不眠等の薬の弊害

2021/10/25

鎌ケ谷の、鎌ケ谷市隣のメンタル系整体院、不眠や寝過ぎなどを引き起こす、メンタルの問題を改善させる、鎌ケ谷ちかくの整体院「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

うつ病でやる気が出ない時に飲むメンタル系の薬は、作用するプロセスこそ種類によって異なるものの、
うつの原因とされている不足気味なセロトニンやノルアドレナリンを、再度神経細胞内に多く通わせるという作用があります。
また、統合失調症で思考がまとまらない時に飲むメンタル関連の薬は、やはり過剰分泌されているドーパミンを抑えさせるという目的で処方されるケースがほとんどであり、
そのようにメンタル系の薬は、主に神経伝達機能に作用して、神経伝達物資の量を変化させることで、メンタルを安定させるという働きを持っています。

そのようにしてメンタル異常の諸々の症状を鎮めるという行為は、
確かに飲んでから早い段階でそういった主訴が抑えられるようになることも多いのですが、
上手くいかなかったり次第に効きが悪くなってきたりで薬を強いものにしたり量を増やしたり、
あるいは表面上は安定して普通に仕事や家事が出来るようになったものの、実は薬を飲み続けていないと上記のような神経伝達物質の変調がまた起きてしまい、
精神不安定な状況に逆戻りしてしまうという問題を抱えたままだったり‥‥‥
‥‥というような、けっして健康とは言えない状態で、生活していかざるを得なくなっている方達が、
とても多いというのも、また現実です。

そしてそういった向精神薬を飲むことで、また別の薬に頼らざるを得なくなる人も、非常に多いのですが、
そのお話はまた明日。

以上、駐車スペース付きのメンタル系整体院、鎌ケ谷で、
鎌ケ谷市でメンタルの事に悩む方のための整体院、メンタルの問題を根本から解決させ、向精神薬や眠剤のいらない体を作ってゆく、鎌ケ谷そばの整体院「東葛カイロプラクティック整体院」でした。