BLOG

松戸市の整体院より、メンタルの薬から、また別の薬が要る

2021/10/26

松戸の、松戸市のメンタル系整体院、メンタルの問題を取り除くことで、睡眠の問題等も解決に導く、松戸整体院「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

昨日、うつ病や統合失調症などの向精神薬は、神経伝達物質・神経伝達機能に作用する効果があると云う話をしました。
セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどが薬を飲むことで分泌量が変化するのですが、それで気力の減退や過度の覚醒などは確かに良くなり易いものですが、
これらの物質の量が変わることで、別の問題も身体には出てきます。

いわゆる副作用というやつで、うつ病の薬であれば頭痛が起きたり、眠れなくなったり眠くて仕方がなくなったりする症状が出ますし、
統合失調症であれば薬によって、手が震えたりろれつが回らなくなったり、頭がボーっとするようになったりする症状が有名です。

他にもメンタル関連での薬での副作用は実に多岐にわたっているのですが、
そういった副作用に悩むようになると、今度はその副作用を抑える薬も、向精神薬と併せる形で飲むようになります。

そうやって薬がどんどん増えていくことで、より薬が手放せないようになっていき、
どんどん副作用がキツイものになっていっては薬の量も強さもキツくなっていき、
やがては糖尿病や高脂血症、腎臓・肝臓の病など、ついには内臓や血管に深刻な影響を与えることにすら、つながっていってしまうのです。

ではどうすべきなのかに関しては、また明日の話ということで。

以上、駐車場つきのメンタル系整体院、松戸で、
松戸市でメンタルの問題に悩む方の為の整体院、メンタルの異常による諸問題、対人能力や行動力などの問題にも対応している、松戸整体院「東葛カイロプラクティック整体院」でした。