BLOG

柏市隣の肩こり整体院の、なぜ人は心のケアに十年かかる?

2022/03/09

柏の、柏市の隣にある肩こり整体院、首の異常からくる肩こりも、精神的な理由肩くる肩こりにも、対応している柏市ちかくの整体院「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

まもなく東日本大震災から11年目を迎えます。
10年も越えても今もなお、心のケアを必要とされている方が多々いるようで、
マス・メディアではその問題について、今年も今までも幾度となく取り上げてきました。

そしてこの私も、この問題をメディアとは全く別の方向から、考察するということを、何年もやってきております。

それは、「なぜ現代の人は被災での心に負うダメージが、大きくなってしまったのか。」という疑問です。

有史以前からこの地球は実に数多くの災害に見舞われ、
その都度人類は立ち上がってきたはずで、昔はそれこそ心のケアなんてのも無しの状況下であったけれども、ちゃんと自らの力で立ち直れてはいました。
(もちろんダメだった先人達も多々いますが。)

ところがここ数十年の間に、人間は急激に災害に弱い心の持ち主となったかの如く、
ひとたび大きな天変地異が起きると、実に多くの被災者達が、10年20年と通院やカウンセリングが必要な状態に陥っているのです。

これを変だと思おうともしないマスコミには正直、疑問を抱いているのですが、それはともかくとして、
これはどういうことなのだろうかと、私は私なりにこれまで数年に渡り考察してきました。
「モノが豊かになって生活が便利になったため、それを失ったときのショックも大きい」
「鮮明な映像が迅速にお茶の間に情報として届けられるようになったため、災害の辛い体験を思い出させることも多くなった」
「唯物論的な考えが蔓延しているため、災害で喪われた命に対しても、なかなか気持ちの整理がつきにくくなっている」
「昔は神仏への信仰が心のケアの代わりをしていたが、信仰心が薄れたために壮絶な経験はそのままダイレクトに辛く刺さってしまう」
‥‥‥etc‥‥‥と、
他にもさまざまな理由をこれまで挙げてきたのですが、
今回ここに
「有史以前の文明滅亡時に魂に刻まれた記憶が、現代で起こる災害ではより蘇りやすいから」
という説を、提唱して追加しようと思うのです。

この辺の詳細はアトランティスとかムー文明とかのオカルト的な話にもなってくるのですが、
その続きはひとまずまた後日。

以上、駐車場完備の肩こり整体院、柏で、
柏市で肩こりに悩む方のための整体院、霊障のような肩こりも、身体の矯正でまるで悪霊が取り憑きにくくなったかのように導く、柏市そばの整体院「東葛カイロプラクティック整体院」でした。