BLOG

柏市隣、肩こりおすすめ整体院より、スピと阪神と業の深さ

2022/06/30

柏の、柏市の隣の肩こり整体院、首の異常を伴う肩こりも、肩こりから発展する五十肩にも、対応している柏市ちかくの整体院、「東葛カイロプラクティック整体院」の岡部です。

阪神タイガースの矢野監督が、スピリチュアルに傾倒して、各方面から反感を買っているようです。

「予祝」といった、スピリチュアル的には有効とされることを色々と、矢野監督なりに考えてアレコレやっているみたいですが、
成績といった目に見えての良い効果は、どうにも今のところ発揮できてはいない感じです。

矢野監督のいわゆる「引き寄せ」が上手くいかない理由としては、彼自身のスピリチュアルに対する姿勢・取り組み方にも問題はあるようですが、
それよりも阪神という球団そのものが、巷に溢れるスピリチュアルを活用するくらいでは強くなれない、根深い原因があるかのような感じは致します。
それというのは阪神タイガースが相当な「業の深さ」を抱えている、という問題です。

阪神は昔からファンが暴徒化したり野次が凄まじかったり巨人に憎悪を向けたりと、他球団と比べると悪質さが問題視されやすく、
それは現在になっても一向に改善の兆しはありません。

またチームそのものも巨人をライバル視する割には、巨人ほど風紀を引き締めているわけでもなく、
厳しい人が監督・コーチにでも就かない限り、茶髪や髭・ピアスなどがまかり通ってしまうのも問題と言えば問題です。

そういった問題が長年蓄積されている以上、球団そのものの波動はお世辞にも良いとはいえず、
かじった程度のスピリチュアルを実践する程度では、良いように作用することはないのです。

これが楽天のような歴史の浅い球団であれば、スピを活用するだけで案外いいものを引き寄せられるようになるのかも知れませんが、
阪神ではさすがに伝統、それも“闇”の伝統が相当長く続いているがために、ちょっとやそっとではいい方向に展開できなくなってしまっているのです。

今でこそ形骸化してしまいましたが、昔の巨人は「紳士たれ」の精神が徹底していたために、
V9といった偉業を成し遂げることも出来たのです。

阪神が本当に良いものを引き寄せられる球団になる為には、フロントの球団経営者としての自覚や情熱、選手たちのプロ野球選手としての精神性の向上など、
根っこの部分が変わらないと、この「業」を取り除くことにもならないので、
常勝球団になることも再び日本一になることも、いつまで経っても難しいと言えるでしょう。

悲しいかな。

以上、駐車場完備の肩こり整体院、柏で、
柏市で肩こりに悩む方の為の整体院、歪みの矯正で肩こりを根本から良くする、柏市そばの整体院「東葛カイロプラクティック整体院」でした。